フードが全品300円以下、深夜までやってる「餃子の福包」@代々木八幡

代々木八幡に新しく出来た餃子専門店「餃子の福包」。深夜4時までの営業で頻度良く通えそうなのでふらりと行ってみました。



場所は小田急線の代々木八幡駅から東京メトロ千代田線の代々木公園駅に向かう間にあるドンキィベーカリーを左に曲がってすぐ右手に見えるビルの一階。
足を運んだのは9月末の23時台でしたが、テーブル席はほぼ埋まりと、時間と場所を考えるとそれなりの賑わい。お店を出る0時くらいにもお客さんが入っていました。
さて、餃子の福包だけあってメニューは餃子がメイン。それ以外はおつまみ系とご飯モノ、それに釜玉めん、デザートが続きます。餃子は1人前6個で290円で、それ以外は250円以内に収まっているのは嬉しいところ。ドリンク系は流石にもう少し高いですが、軽くお腹を満たしたいときにはお手軽に利用できそうです。

というわけで今回食べたのは焼き餃子と、

山海スープ餃子、

それにおつまみとして蒸鶏。

もちろん、ビールも注文。

焼き餃子、水餃子はどちらもニンニク無しを選べるので、次回は無しで頼んでみようかなと。
というわけでトータル4品で合計1300円ほどの会計に。ビール(確か500円)を除けば1000円に抑えられるので、深夜ご飯としてのコスパは悪くありません。
餃子の福包が入っているビルは飲食店が同時期にオープン。さらに駅近くに魚民や千年の宴もできるようです。お店の良し悪しは別として、深夜でも気軽なお値段で入れそうなお店ができるのは良さげです。
・餃子の福包
http://fukuho.net/

スポンサーリンク
336AdSense
336AdSense

フォローする

スポンサーリンク
336AdSense