24時間有効! 東京メトロの新一日乗車券「東京メトロ24時間券」が便利そう

都内在住ですが、年に1~2度は使っている地下鉄系の一日乗車券。このうち、東京メトロの1日乗車券が3月26日からリニューアルされ、「東京メトロ24時間券」になるとのこと。

スポンサーリンク
336AdSense

有効期間内であれば、乗車中に24時間を経過してもOK

料金は現行と同じ600円ですが、異なるのはその有効期間。現行であれば利用開始時間に関わらず当日の終電までだったかと思いますが、「東京メトロ24時間券」では使用開始から24時間にわたって利用できるそうです。

つまり、正午に利用を開始すれば、翌日の正午まで。夕方17時に利用を開始すれば、翌日の17時までと、日をまたいだ利用が可能になるわけで、平日もそうですが土日もうまく使えば600円でかなりお得に使えそう。特に東京メトロが最寄り駅で移動先が定期圏外である場合には重宝できそうです。

で、ニュースリリースや記事を見まわるうちに気になったのは有効期間の定義。

24時間と一口に言っても、移動中に24時間を経過したり、改札出場時に24時間を経過しているケースもあり、東京メトロのお問い合わせ窓口に質問ところ、数時間もしないうちに回答メールが来てびっくり。

その回答によれば、改札入場時に有効期間内であれば、乗車中に24時間を経過したとしても、追加料金は発生せずに出場できるとのこと。

極端に言えば、24時間になる1分前に改札入場してもそのまま出られるのは、言われれば確かにと思いつつも、すれすれまで周辺観光を楽しめるのはありがたいところと言えそうです。

ちなみに今回の改定は首都圏以外の地域からの観光者および外国人観光客向けの「Tokyo Subway Ticket」にも反映されるようです。

「Tokyo Subway Ticket」が更に便利で使いやすくなります!!
http://www.kotsu.metro.tokyo.jp/newsevent/news/subway/2016/sub_p_201602045640_h.html

こちらは東京メトロ全線に加えて、都営地下鉄全線も対象で、24時間/48時間/72時間がそれぞれ800円/1,200円/1,500円と首都圏在住者にとってはお得で羨ましいお値段設定。といか、こういうチケットが購入条件はあるものの、日本人観光客向けにも用意されているのを初めて知りました。

逆に首都圏以外の鉄道で同様の設定がある場合には積極的に活用していこうかなと思った次第。