演劇10:Try・Angle -三人の演出家の視点- Vol.1「OPUS/作品」

演劇09:Try・Angle -三人の演出家の視点- Vol.1「OPUS/作品」
Try・Angle -三人の演出家の視点- Vol.1「OPUS/作品」@新国立劇場 小劇場、201309。5250円、1時間55分。
http://www.atre.jp/13opus/schedule/index.html
都民劇場で何気なく選んだ一作ながら、良作だった。男性4人の弦楽カルテット。ある事情によって1人が解雇され、その補充として採用した才能のある若い女性の計5人で繰り広げられる思惑や嫉妬をシリアス性やコメディ性をおりまぜながら描いている。
段田安則、相島一之、近藤芳正に、(今回初めて知ったものの)加藤虎ノ介と伊勢佳世の演技力が冒頭から観る側に安心感を与えてくれ、客席が四方を囲う円形型の舞台も上手く使った立ち回りや照明も良い雰囲気を醸し出していた。
作:マイケル・ホリンガー
翻訳:平川大作
演出:小川絵梨子
出演:段田安則、相島一之、加藤虎丿介、伊勢佳世、近藤芳正

スポンサーリンク
336AdSense
336AdSense

フォローする

スポンサーリンク
336AdSense