映画17:かぐや姫の物語

かぐや姫の物語、201312。137分。
http://kaguyahime-monogatari.jp/



日本テレビで散々放送していたので気が付かなかったのだけれど、映画館で高畑勲作品を観るという行為は今回が初だった。
「風立ちぬ」の際に上映された特別予告の印象から期待感を持っていたところ、ジブリ好きというか中毒気味の友人(=ジブリ作品の台詞を使って会話し続けられる)に「高畑勲作品に過度な期待をしてはいけない。なぜなら(以下略」と言われてしまい、フラットな状態に戻して上映を待ち、足を運ぶ。
竹取物語というと、子供の頃に絵本を読んだり、人によっては読み聞かせられた場合もあるだろうけれど、この原作のイメージを維持しつつ、手を加えられているのが本作。特別予告の映像から独自解釈で構成された作品を想像してしまった場合、その期待とは異なる可能性はあるものの、それにしても飽きさせない、よく出来た作品に仕上がっていた。
大人がみれば大人向けに、子供がみれば子供向けの作品に捉えることができそうで、この作品は誰それ向けという議論はあまり意味をなさないのではないかなと思った。そういう点においては、BDなりDVDが出た際には手元においておいて、特に家庭のある世帯では都度都度見返してその時々に感じられるものを感じていける作品の1つではないかなと感じた。



青空文庫。

竹取物語
和田 万吉
2012-10-04


スポンサーリンク
336AdSense
336AdSense

フォローする

スポンサーリンク
336AdSense