映画13:コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれし翼竜」

映画13:コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれし翼竜」
コードギアス 亡国のアキト 第2章「引き裂かれし翼竜」、201309。59分。
http://www.geass.jp/akito/index.html
当初、2013年春公開予定が夏に延期で、9月14日公開となった「亡国のアキト」第2章。直前に1章をテレビやネット無料配信するなど、上映館数がそれほど多くない割には1章上映時と比べてプロモーションを強めた感もした。
全4章構成なので、起承転結で言えば“承”にあたる部分で、主人公格の日向アキト、レイラ・マルカルに第1章「翼竜は舞い降りた」で部隊に加わった登場人物と、ユーロ・ブリタニア側双方での話が展開し始める。
降下作戦を含めた戦闘シーンも当然見どころで、個人的には降下作戦の手法や降下時の描かれ方が秀逸だった。ただ、現時点、公式サイトで戦闘シーンを公開してしまってるのはどうかと思うけど、映像は降下後からである点は制作側も見どころというこだわりは持っているということなんだろうか。
また、前章予告でチラ見せして劇場内の女性客がざわついた枢木スザク周辺も動きを見せ、彼が連れた軍師の姿が出た際には近くの女性が号泣してたあたり、女性層の支持が支えているシリーズだなと改めて。
第3章「輝くもの天より堕つ」は来春の公開。2章で更に登場人物が増えた点を踏まえると、現況の60分弱の尺では全体を描ききるのは厳しいとも思えるので、90分くらいに拡大して内容の掘り下げや各シーンの深化もあっても良いかもしれない。

スポンサーリンク
336AdSense
336AdSense

フォローする

スポンサーリンク
336AdSense