関東ITS健保の健歩大会でディズニーシーに初めて行ってきた

関東ITソフトウェア健康保険組合の健康増進イベントとして実施される健歩大会で、東京ディズニーシーへと行ってきました。

◆東京ディズニーリゾート
http://www.tokyodisneyresort.jp/top.html

スポンサーリンク
336AdSense

追記(18年2月23日):2018年の健歩大会

2018年の実施要項が発表されました。日程は6月1日から30日までとなり、大人と中人は値上げ、小人は値下げになっているようです。

大人(18歳以上):3,200円
中人(12~17歳、中高生):2,800円
小人(4~11歳、幼児小学生):1,800円

詳しくは関東IT健歩の下記サイトからどうぞ。

http://www.its-kenpo.or.jp/NEWS/event_shisetsu/dk.html

以下は2017年の健歩大会のレポートです。

パスポート料金が半額以下の3,000円に


関東ITS健保関連ではこれまでトスラブ箱根ビオーレ等の保養施設や提携スポーツクラブの法人割引等を利用してきた私。一方、健歩大会は周囲の同僚が行くのはみてきたものの、申込みは今回が初めて。今年2017年の実施要項としては以下の通り。

◆平成29年度健歩大会(東京ディズニーランド・東京ディズニーシー)実施要領
http://www.its-kenpo.or.jp/NEWS/event_shisetsu/dk.html

参加資格は当然ですが被保険者と被扶養者。定員は実施日20日間で合計95,000名と結構大規模。倍率はと言えば、ITS健保の事業概況をみると2017年5月末時点で被保険者数と被扶養者数の合計が約70万人なので、全員が全員申し込んだとして倍率7.3倍程度と、個人的に言えば結構当たりやすいような気がしました。

◆組合の事業概況
http://www.its-kenpo.or.jp/profile/gaikyou/index.html

はてさて、健保大会ならぬ健歩大会で聞き及んでいたのはパスポート料金が通常金額と比べて低価格なこと。もちろん、その裏には日々支払われている健康保険料があるわけですが(泣)、券種に応じた料金は以下になります。

大人(18歳以上):3,000円
中人(12~17歳、中高生):2,500円
小人(4~11歳、幼児小学生):2,000円

これを通常の1デーパスポートと比較すると、大人から順に7,400円、6,400円、4,800円。大人料金で言えば、4,400円も料金が違います。うん、安い。

ちなみに発見されたパスポート自体は団体パスポート扱いで記載された料金は6,200円でした。単純計算ですが3,200円が健保側の補助とも言えそうです。

どちらに行くかは自由選択。日付変更も自由


さて当選した場合には指定期日までに指定口座に入金すれば、会社宛にパスポート引換券が届きます。ちなみに都合が悪くなり行けなくなった場合には締切日はありますが、返金対応もしてくれるようです。

ただ、パスポート引換券が届いて知ったのですが、健歩大会開催日であれば手続きなく参加日の変更が可能なので、もしもの際も柔軟に日程変更できるのも隠れたメリットかもしれません。ただし、入場制限がかかった場合には制限中の入場ができなくなる点は注意が必要です。

そして、東京ディズニーランドに行くか、東京ディズニーシーに行くかも参加者に委ねられています。今回は東京ディズニーシーに1度も行ったことがなかったので、こちらをチョイス。一方の東京ディズニーランドも20年ぐらい行ってないので、ほぼ行ってないと言えそうですが(笑)。

チケットブースでチケット引き換え。あとは楽しむだけ!


そんなわけで当日ですが、まずは引換券を持ってチケットブースで1デーパスポートに引き換え。そこから入場となります。当日は日曜でしたが、8時過ぎに降り立った舞浜駅からディズニーリゾートラインで東京ディズニーシー・ステーションに向かった範囲、10~15分ほどチケットブースに並んだ以外は入場で待たされることはありませんでした。

とは言え入場すると当然人がぐっと増え(笑)、当日実施されていた「ファッショナブル・イースター」を待つべく早々待っている人がいて、これが噂の……と思った次第。これは日差しが強かったので遠巻きに……で済ませました。

さておき、前回ディズニーランドに行った際にはファストパスなる存在も当然なかったので、その有用性を感じつつ、結果的に「センター・オブ・ジ・アース 」や「レイジングスピリッツ 」、「シンドバッド・ストーリーブック・ヴォヤッジ(←良かった)」など、7つのアトラクション。

また、パレードやショー系では「ビッグバンドビート」と、システムトラブルで一部変更になったらしいですが夕方からぼんやり座って待機していた「ファンタズミック!」「ハピネス・オン・ハイ」までを堪能。

レストランも事前予約が可能だったので夕飯は事前予約で枠が空いていた「レストラン櫻」。昼は少し早めに「ケープコッド・クックオフ」でハンバーガーを食べるなどしました。

それこそ、小学生時代に家族で行った際はどこもかしこも混んでいてゲンナリの記憶しかなかったので、その考えが改まったのは良かったです(苦笑)。

というわけでほぼほぼ開場時間から終了時間まで滞在したので、十二分に満喫できたといったところでしょうか。次回も関東ITS健保に加入しているようであれば申し込んでみようかと思います。