auからIIJ mioにMNPしてみた

大学時代から長きに渡って契約していたau。日々の固定費削減の一環として、2年契約の更新タイミングに合わせてIIJ mioへとMNPしました。

ただ、私の場合はauひかりを契約していた点やauウォレットに残金があったため、MNP前の事前準備(?)が必要だったのでこのあたりを備忘として記録しておきます。

スポンサーリンク
336AdSense

1.So-net 光 (auひかり) をKDDI一括請求から外す

MNPはするものの、auひかり回線を利用した「So-net 光」の契約は継続するため、KDDI一括請求から事前に除外する必要がありました。ひょっとしたらauスマホの解約後もKDDI一括請求を継続できたのかもしれませんが、MNP手続きをテキパキ行ないたいため、この対応をとった具合です(実際解約後もMy auにログインできる)。

変更方法としてはそれほど難しくなく、So-net側のマイページにログインし、支払い方法をクレジットカードに変更。翌月から「So-net 光 (auひかり) 」の請求はSo-net経由となりました。一方、auひかり電話についてはやや不明瞭。というのも、一部の付加サービスは1ヶ月遅れで請求されるそうで、暫く様子をみてauひかり電話分がSo-netの請求に入ってくればOK。KDDI請求のままが続くようであれば改めての対応が必要になるかと思っています。

・1か月遅れでのご請求となるサービス
https://www.so-net.ne.jp/support/mbr/shiharai/timing/index.html#timing_02

2.溜まった「au WALLET」をAmazonギフト券に変える

次に行ったのは月々の利用などで溜まっていた「WALLETポイント」の残高処分。au契約の際はau料金に充当して月々の請求料金を抑えるように消費していました。

・au料金に使う
https://point.auone.jp/howtouse/ryokin/

もちろん、これについてはMNPしてしまったら充当しようがありません。どうしたものかとアレコレと調べた結果、獲得したau WALLETポイントをMasterCard決済が可能な「au WALLET プリペイドカード」にチャージ。そこから、Amazonギフト券を購入して溜まっていたポイントを消費する形をとりました。

・プリペイドカードへのチャージ(入金)方法
https://wallet.auone.jp/contents/pc/guide/charge.html

3.あとはIIJ mioにMNPするだけ

といった具合で1.と2.の対応が済めば、auからIIJ mioにMNPする……という一般的なMNP作業に行き着きます。

私の場合、IIJ mioに既に契約済み。切り替えタイミングでちょうどSIMカードの追加無料キャンペーンが行われていたため、MNP用のSIM追加費用はかかりませんでした。一方、プラン変更という形を取るため、MNPを行なう前月に月間容量をみるため、月間10GBのファミリーシェアプランへと変更手続きを行っています。

その後、MNP更新月に入った月初にauにサポート窓口へ電話し、MNP番号を入手。このあたりはSNSや希望すれば郵便でも通知してくれるので番号を聴き逃した……という事態はなさそうなのは良かったです。ちなみに最近の料金プランでは日割りはできないそうなので、新規契約でMNPする場合には月初よりは月末が良いかもしれません。

入手したMNP番号をもとにIIJ mioの会員ページから手続きを行なうと、数日程度でSIMカードが到着。時間のとれる週末の朝にMNP手続きをすると数時間程度でIIJ mio側の回線が開通したといった感じです。

利用料金自体はその後に月額10GBも使っていなかったため、6GB容量のライトスタートプランへと変更。ファミリーシェアプランと異なり、2枚目から追加SIMカード費用がかかってしまうので月額料金としては2,220円+400円の2,620円(税込2,830円)に。これに通話料金も発生しますが、それでも月額3,000円未満に抑えられたのは、通信費用以外の諸々ひっくるめた月額固定費用の低減になったので良い判断かなと思っています。

スポンサーリンク
336AdSense
336AdSense

フォローする