ソニーCSLが放った「萌家電のうた」はもうちょっと知られても良い。

こういう脱力系ソングはもっと流行るものだろうと思ったものの、あまり取り上げられず、再生数も未だ500回未満。というわけで自分が忘れぬよう備忘。



YouTube上でも1分47分とそこそこの尺ながら、公式サイトではフルレングスで曲が再生ができる。
https://moekaden.com/special
https://moekaden.com/
もちろん、「萌家電のうた」そのものがメインではなく、主役はソニーコンピュータサイエンス研究所(ソニーCSL)の家電ゲームエンジン「Kadecot」上で開発されたAndroidアプリ「萌家電」。Androidがあればアレやコレやできるらしく、その一環でCEATECあわせで公開されたと思われるのが上記の動画。
で、過去を辿って行くと、2011年頃からプロジェクトが進んでいたものの、当時と今とでイラストのテイストが違うのは時代のせいでしょうか。

ソニーCSL、スマートフォン用「萌家電」アプリを秋公開 -AV Watch
http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/20110707_458862.html
【森山和道の「ヒトと機械の境界面」】動動かせるレゴや萌家電、義足に人間の強化まで -PC Watch
http://pc.watch.impress.co.jp/docs/column/kyokai/20130528_601091.html

声は当時と変わらず、水瀬いのりという女性声優。こちらもブログを辿って行くと、1記事目に萌家電に言及してブログデビューをしているものの、今回の楽曲歌唱に際しては言及がみつからず、ひょっとしたら楽曲自体は以前に仕上がってるものかもしれない。

*はじめまして* -水瀬いのりオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/inoriminase/entry-10946683284.html
水瀬いのりオフィシャルブログ
http://ameblo.jp/inoriminase/

ちなみにこの人は、「あまちゃん」にちょこっと出たり(アメ女の成田りな役)、本業でも「恋愛ラボ」でメインキャラの1人(棚橋鈴音役)を演じてたりしており、段々と露出が増えているご様子。
まぁともあれ、この手の脱力系ソングが今もときおり世に出てくるのは良いことです。いいぞ、もっとやれと。

スポンサーリンク
336AdSense
336AdSense

フォローする

スポンサーリンク
336AdSense